メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

五輪壮行会、非公開 「応援」「宣伝」違い不明確 機運損ねる過剰な抑制

 日本勢の冬季五輪史上最多メダル13個を獲得して25日に閉幕した平昌五輪。しかし、選手の健闘ぶりを所属先が自由に応援することができない事態が相次いだ。日本オリンピック委員会(JOC)が所属先の学校、企業の壮行会やパブリックビューイング(PV)などが宣伝目的にあたると指導していた。平昌の次は2020年東京五輪・パラリンピックと期待は高まる。あいまいな基準による過剰な抑制は機運を損ねかねない。【村上正、松本晃、平昌・田原和宏】

 「今回の壮行会は非公開にさせていただきます」

この記事は有料記事です。

残り2291文字(全文2527文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです