メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌五輪2018

国民栄誉賞、政府どうする メダルラッシュ、羽生は高木姉妹は? 基準なく「さまざまな要素で」

 平昌冬季五輪で日本選手団が史上最多の13個のメダルを獲得したことで、政府が顕彰方法について悩みを深めている。菅義偉官房長官は26日の記者会見で国民栄誉賞の授与を問われ、「五輪も終わったばかり。今すぐではなく、さまざまな要素を考えていく必要がある」と述べた。

 菅氏は選手団について「メダル数はもちろん、入賞者数も含め過去最高の成績だった。東京五輪…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです