メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌五輪

メダリストら帰国会見 選手マイク集

記者会見で平昌五輪をふりかえる小平奈緒(手前)=東京都港区で2018年2月26日、藤井達也撮影

 前日に閉幕した平昌(ピョンチャン)五輪で冬季史上最多の13個のメダル(金4、銀5、銅4)を手にした選手らが26日、東京都内で記者会見した。

 スキージャンプ・葛西紀明(旗手) メダルを取ることができなかったが、8度目の五輪出場という誰しもがなしえない記録を作ることができて、うれしい。旗手をやった僕のおかげでこんなにたくさんのメダリストが生まれたと思う。心から祝福したい。メダルを取った皆さんのパワーを背負って、次の4年後、北京五輪でメダルを取りたい強い気持ちになった。まだ諦めずに頑張っていきたい。

 スピードスケート女子団体追い抜き金・菊池彩花 私はこの五輪はチームジャパンの絆、家族の絆を強く感じ…

この記事は有料記事です。

残り2189文字(全文2489文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  5. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです