メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京へ・平昌五輪からみえたもの

/下 厳しい天候・輸送、共通の課題 想定外も見えた研修

開閉会式が行われた平昌五輪スタジアム。経費節減のために屋根を設置しなかったが、寒さ対策が強いられることになった=山崎一輝撮影

 夏季と冬季、都心と地方など前提条件は大きく異なるが、平昌から東京が学ぶ点は少なくない。視察に訪れた東京大会組織委員会の幹部も「規模感は違うが、(2016年夏季五輪の)リオデジャネイロよりもはるかに参考になる」と話す。輸送や厳しい天候への対応など、2年半後の東京も同じ課題に直面する可能性があるからだ。

 暑さと寒さの違いはあるが、天候の厳しさは大きな教訓だ。開閉会式専用の平昌五輪スタジアムは経費節減の…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1007文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです