メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌冬季五輪

壮行会「国民目線で」 菅官房長官、JOCの制約に苦言

 菅義偉官房長官は27日の記者会見で、日本オリンピック委員会(JOC)が平昌冬季五輪に出場した選手の壮行会の公開などを制約したことについて「国民が選手たちを応援したい、東京大会を2年後に控え、一層盛り上げようということにどう応えていくか。国民の目線が大事だと思う」と述べ、改善が必要との認識を示した。

 平昌五輪ではJOCが「五輪の知的財産保護の指針」に基づき、所属大学や団体の壮行会を非公開と指導したほか、選手の活躍をたたえる垂れ幕なども所属団体が自粛するなど困惑が広がっている。菅官房長官はこれらを便乗商法とするJOCの指摘に対し「考え…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文674文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです