メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
超人とともに

平昌パラリンピックを前に/上 選手負担軽減へ夜明け 初の実業団「先の人生を考えて」

日立ソリューションズが開いた今季の壮行会を終え、写真撮影に応じる荒井監督(左端)や新田(右から2人目)らアウローラのメンバー

 平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピックが3月9日に開幕する。2020年東京五輪・パラリンピック開催を控え、障害者スポーツへの関心は高まり、近年は選手の雇用や練習などを含めた強化態勢は改善傾向にある。アスリートを支える官民双方の取り組みを取材した。

 2017年3月、札幌市郊外で開かれたパラノルディックスキーのワールドカップで、平昌冬季パラリンピック代表の新田佳浩(37)らに熱のこもった声援を送る一団がいた。04年に日本初のパラスポーツ実業団チーム「アウローラ」を設立した日立ソリューションズ(東京都品川区)の社員たちだ。応援で所属選手の背を押す姿は、アウローラ発足時に描いた理想像だった。

 発足の04年当時は、パラアスリートが企業の支援を受けることが今よりも困難だった。状況を変えようとし…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文971文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです