メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌冬季パラリンピック

聖火、採火

 【安養(韓国)共同】平昌冬季パラリンピックの開幕まで1週間となった2日、韓国の各地で聖火の採火式が行われた。ソウル近郊の安養では晴天の下、太陽光から採火し、反射鏡に近づけたトーチに火がともると、集まった観衆から拍手が起こった。聖火は大会発祥の地、ストーク・マンデビル(英国)でも採火され、集めて一つ…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文260文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 韓国大統領が光復節の演説 日本へ対話による解決呼びかけ

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  5. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです