メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

SC軽井沢ク、8位入賞を報告 4年後にも期待 /長野

子供たちから受け取った花束を手に笑顔を見せるSC軽井沢クラブの選手ら=軽井沢町の軽井沢アイスパークで

 平昌五輪のカーリング男子代表として8位に入賞したSC軽井沢クラブの報告会が2日夜、地元・軽井沢町の軽井沢アイスパークであった。町の内外から約420人が参加。軽井沢カーリングクラブの子供たちから花束を受け取った選手らに、健闘をたたえる盛んな拍手が送られた。

 阿部守一知事は「強豪と互角に渡り合い、感動した。長野五輪から20年の節目に活躍した。ぜひ4年後の北京にも行ってほしい」と呼びかけ、会場から賛同の拍手を受けた。

 両角友佑選手(33)は「男子カーリングを広く知ってもらった。今後のことは話し合って決めるが、メダル…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文552文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  3. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです