メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ストーリー

平昌パラに挑む成田緑夢(その2止) 感動与える選手に

 

 ◆パラスノーボード・成田緑夢の再起

大けが、独立の契機

 平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピックのスノーボード日本代表、成田緑夢(ぐりむ)(24)=近畿医療専門学校=の人生は、一瞬で急変した。

 2012年秋からフリースタイルスキー・ハーフパイプを本格的に始め、13年3月に早くも世界ジュニア選手権で優勝した。その翌月だった。バランス感覚を身につけるためトランポリンで練習中、踏み切りの際に足を滑らせた。普段なら体をコントロールできるが、片足に2・5キロずつ重りをつけていたため、バランスが崩れた。約6メートルの高さから落ちた際、左膝が逆方向に曲がった。

 検査の結果、左足の前十字靱帯(じんたい)と後十字靱帯がいずれも断裂し、半月板も損傷していた。後に父…

この記事は有料記事です。

残り4090文字(全文4417文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです