メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

「気持ちが引き締まる」 日本選手団、選手村入り

出発セレモニーの後で、韓国へ向かう飛行機に乗り込む平昌パラリンピック日本代表選手団の大日方邦子団長(手前左)ら=羽田空港で2018年3月3日午前8時11分、西本勝撮影

 【ソウル共同】平昌冬季パラリンピックに向け大会発祥の地、ストーク・マンデビル(英国)や韓国の各地で採火された八つの聖火を一つにする式典が3日夜、ソウルで行われた。それぞれの聖火をともした8本のトーチが燭台(しょくだい)の上で交わると、一つの大きな炎が燃え上がった。

 会場ではその後聖火リレーが行われ、2月の平昌五…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 空母化する護衛艦「いずも」の自衛隊員たち (中)若手隊員の思い やりがいと寂しさと メールで家族や夫と連絡

  5. 札幌 クラブ史上最多8発!“爆勝呼んだ”進藤ゆりかごパフォ(スポニチ)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです