メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

成田緑夢、平昌パラへ(その1) 夢追う若き開拓者

パラスノーボード・サポーターズカップ男子下肢障害その他の部で優勝し、笑顔で表彰式に向かう成田緑夢=長野県小谷村で2018年2月18日、宮武祐希撮影

 正面から吹き付ける激しい雪の中、スタートを切った。9日に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピックのスノーボード日本代表、成田緑夢(ぐりむ)(24)=近畿医療専門学校=が加速していく。雪の斜面をバランスを取りながら滑走し、その姿はあっという間に見えなくなった。

 1月下旬に新潟県湯沢町の苗場スキー場で開かれたスノーボードの大会。障害の有無に関わらず約80人が参加した中、左足に障害のある成田は全長約700メートルのコースを圧倒的なタイムで滑り、一般男子の部で優勝した。「楽しいレースができました」。観客に向け、無邪気な笑顔を見せた。

 大阪出身。「浪速の成田3きょうだい」の末っ子として知られる。1998年に開かれた長野冬季五輪で、ス…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文741文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞
  2. 和歌山資産家変死 会社事務所を家宅捜索 殺人容疑で
  3. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末
  4. 地震 大阪・震度6弱 死者5人、負傷408人に 住宅一部損壊、500棟超す
  5. クローズアップ2018 加計氏、根拠なき強弁 「首相面会、記憶も記録もない」「虚偽、指示せず」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]