メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

成田緑夢、平昌パラへ(その1) 夢追う若き開拓者

パラスノーボード・サポーターズカップ男子下肢障害その他の部で優勝し、笑顔で表彰式に向かう成田緑夢=長野県小谷村で2018年2月18日、宮武祐希撮影

 正面から吹き付ける激しい雪の中、スタートを切った。9日に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピックのスノーボード日本代表、成田緑夢(ぐりむ)(24)=近畿医療専門学校=が加速していく。雪の斜面をバランスを取りながら滑走し、その姿はあっという間に見えなくなった。

 1月下旬に新潟県湯沢町の苗場スキー場で開かれたスノーボードの大会。障害の有無に関わらず約80人が参加した中、左足に障害のある成田は全長約700メートルのコースを圧倒的なタイムで滑り、一般男子の部で優勝した。「楽しいレースができました」。観客に向け、無邪気な笑顔を見せた。

 大阪出身。「浪速の成田3きょうだい」の末っ子として知られる。1998年に開かれた長野冬季五輪で、ス…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文741文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです