メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

ドーピング検査回数増 公平性アピール

 【平昌・谷口拓未】国際パラリンピック委員会(IPC)は5日、平昌冬季パラリンピックでのドーピング検査の回数を、前回ソチ大会の490回から600回に増やす方針を示した。組織的なドーピングのあったロシアから一定の条件を満たした選手が中立のパラリンピック選手(NPA)として出場するが、公平性の担保とその…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文319文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです