メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

平昌冬季パラリンピック 五輪と同じウエアで 車椅子用、2年かけ開発

入村式で記念撮影に臨む選手たち=韓国・平昌で2018年3月6日、宮武祐希撮影

 【平昌(ピョンチャン)・福島祥、谷口拓未】9日に開幕する平昌冬季パラリンピックの日本代表選手団は、平昌冬季五輪と同じデザインの公式ウエアを着用する。2016年リオデジャネイロ夏季パラリンピックに続き提供するアシックス社は今回、「見た目は同じ」にこだわりつつも、車椅子ユーザーに配慮して上着丈やズボンの股上を工夫した。

 6日に行われた日本の選手村入村式。曇り空に覆われた会場に五輪選手と同じ赤とオレンジの中間色のウエア…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文837文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]