メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ともに・2020バリアーゼロ社会へ

平昌冬季パラリンピック NHK副音声 臨場感、言葉で見せる

平昌五輪で実施した副音声の中継内容について振り返る桂福点さん(左)と小原茂アナ(中央)ら=東京都渋谷区のNHK放送センターで

視覚障害者も「テレビ囲んで」

 9日開幕の平昌冬季パラリンピックで、NHKは音声多重放送の副音声を活用し、視覚障害者向けの実況中継を放送する。研修を受けたベテランアナウンサーが臨場感あふれる言葉で生中継し、健常者の家族と一緒に「同じテレビを囲んで楽しみたい」という視覚障害者の願いに応えた。五輪・パラリンピックでは初の試みだ。【花岡洋二】

 平昌五輪でも5競技で導入された。パラリンピックではほぼ1日1競技に拡大される。

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1161文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです