メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

復興五輪、かすむ理念 手続き厳格、被災地不満

2016年3月のイベントでは、聖火台を磨いた後、火がつけられた=宮城県石巻市の総合運動公園で、山本浩資撮影

 「復興した被災地の姿を世界に向けて発信する」「スポーツで被災地の人々を元気づける」。2020年東京五輪・パラリンピックの招致時に国内の世論を喚起する中で、震災復興の理念が声高に叫ばれた。大会まで約2年5カ月となった今、大会組織委員会や東京都は「復興五輪」をどのように描こうとしているのか。被災地からは、その理念が見えにくくなっている。【関谷俊介、林田七恵】

 16年以降、毎年3月に宮城県石巻市は市総合運動公園にある聖火台を磨いて、点火してきた。聖火台は、2…

この記事は有料記事です。

残り1865文字(全文2094文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです