メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

復興五輪、かすむ理念 手続き厳格、被災地不満

2016年3月のイベントでは、聖火台を磨いた後、火がつけられた=宮城県石巻市の総合運動公園で、山本浩資撮影

 「復興した被災地の姿を世界に向けて発信する」「スポーツで被災地の人々を元気づける」。2020年東京五輪・パラリンピックの招致時に国内の世論を喚起する中で、震災復興の理念が声高に叫ばれた。大会まで約2年5カ月となった今、大会組織委員会や東京都は「復興五輪」をどのように描こうとしているのか。被災地からは、その理念が見えにくくなっている。【関谷俊介、林田七恵】

 16年以降、毎年3月に宮城県石巻市は市総合運動公園にある聖火台を磨いて、点火してきた。聖火台は、2…

この記事は有料記事です。

残り1865文字(全文2094文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  4. 性的暴行 男子高生に 容疑でマッサージ師逮捕 菊池署 /熊本
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]