メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

平昌で開け38の花

アルペン男子座位でメダルを期待される森井=宮武祐希撮影

 <PyeongChangParalympic 2018>

 第12回冬季パラリンピックが9日に韓国北東部・江原道の平昌郡で開幕し、新たに競技として採用されるスノーボードを含め6競技80種目が実施される。日本の出場選手数は前回ソチ大会の20人を上回る38人(男33人、女5人)で、パラアイスホッケーが2大会ぶりに出場する。目標はソチ大会を超える7個以上のメダル獲得だ。大日方邦子団長は「容易ではない」と気を引き締めるが、経験豊富な選手たちが実力を発揮すれば十分に実現可能だ。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1136文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです