メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

あす開幕 聖火、熱戦の舞台へ

アルペン競技会場のある旌善に入り、聖火を引き継ぐランナーたち=宮武祐希撮影

 【平昌・福島祥】平昌冬季パラリンピックは9日、当地の五輪スタジアムで開会式を行い、10日間の熱戦が幕を開ける。7日には競技会場の一つで韓国北東部の旌善(チョンソン)に聖火が到着。地元の住民らが太鼓やかねを打ち鳴らして聖火を歓迎した。聖火ランナーは「平昌、ファイティン(頑張れ)!」の掛け声で盛り上げた。

 旌善では、アルペンスキー競技などが予定されている。旌善選挙管理委員会で働く女性職員(26)は同僚と…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文491文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  2. 中京学院大中京・藤田主将 高校No.1捕手が到達した「個々の強み生かすリード」

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです