メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

アイスホッケー 静岡・三島市職員、守護神に 望月、裾野拡大へ「まず1勝」

日本代表のユニホームを着てゴールを守る望月=日本パラアイスホッケー協会提供

 平昌パラリンピックのパラアイスホッケー(IH)に静岡県三島市職員の望月和哉(36)が日本代表ゴールキーパー(GK)として出場する。パラアイスホッケーは競技人口が少なく選手の高齢化も深刻で、パラリンピック初挑戦の望月は「1勝することで関心が集まり、競技を始めたい人が増えてくれれば」と使命感を胸に大舞台へ臨む。

 長野県岡谷市のスケートリンク。ある土曜の朝、望月はシュートを受ける練習に励んでいた。GKは時速10…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文712文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです