メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

アイスホッケー 静岡・三島市職員、守護神に 望月、裾野拡大へ「まず1勝」

日本代表のユニホームを着てゴールを守る望月=日本パラアイスホッケー協会提供

 平昌パラリンピックのパラアイスホッケー(IH)に静岡県三島市職員の望月和哉(36)が日本代表ゴールキーパー(GK)として出場する。パラアイスホッケーは競技人口が少なく選手の高齢化も深刻で、パラリンピック初挑戦の望月は「1勝することで関心が集まり、競技を始めたい人が増えてくれれば」と使命感を胸に大舞台へ臨む。

 長野県岡谷市のスケートリンク。ある土曜の朝、望月はシュートを受ける練習に励んでいた。GKは時速10…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです