メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

輝け中年の星 4度目の出場で「主将」 47歳、須藤選手

試合会場の氷の感触を確かめる須藤悟主将=江陵ホッケーセンターで2018年3月4日、宮武祐希撮影

 【平昌・谷口拓未】平昌冬季パラリンピックで選手計38人を束ねる日本選手団の主将を務めるのが、パラアイスホッケー日本代表の主将でもある須藤悟(47)=日本協会=だ。中年の星は「選手団の主将はチームの中心ですごい仕事。現地で活躍し、みんなの競技も応援したい」と目を輝かせる。

 4度目の出場で射止めた大役に「まさか自分と思わなかった。光栄」と穏やかに語る。普段の顔つきは「氷上の格闘技」と呼ばれる競技に没頭する姿とは重ねにくいが、プレーは激しい。

 20歳の時に仕事で点検中のエスカレーターに両脚が巻き込まれ、左脚が義足になった。入退院を繰り返し、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです