メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

輝け中年の星 4度目の出場で「主将」 47歳、須藤選手

試合会場の氷の感触を確かめる須藤悟主将=江陵ホッケーセンターで2018年3月4日、宮武祐希撮影

 【平昌・谷口拓未】平昌冬季パラリンピックで選手計38人を束ねる日本選手団の主将を務めるのが、パラアイスホッケー日本代表の主将でもある須藤悟(47)=日本協会=だ。中年の星は「選手団の主将はチームの中心ですごい仕事。現地で活躍し、みんなの競技も応援したい」と目を輝かせる。

 4度目の出場で射止めた大役に「まさか自分と思わなかった。光栄」と穏やかに語る。普段の顔つきは「氷上の格闘技」と呼ばれる競技に没頭する姿とは重ねにくいが、プレーは激しい。

 20歳の時に仕事で点検中のエスカレーターに両脚が巻き込まれ、左脚が義足になった。入退院を繰り返し、…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです