メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

きょう開幕 頑張れ、道関係6選手 3連覇挑むアルペン狩野 /北海道

パラリンピック3連覇に期待がかかる網走市出身の狩野=長野県白馬村の白馬八方尾根スキー場で、宮武祐希撮影

 平昌冬季パラリンピックが9日に開幕し、道関係者はスキー競技やパラアイスホッケーに計6人が出場する。直前の五輪は道勢のメダルラッシュに沸いており、各選手はそれぞれメダルや上位入賞を目指す。【野原寛史】

 メダル候補として期待が高まるのが、網走市出身でアルペンスキーの5種目に出場する予定の狩野亮(31)=マルハン=だ。2010年のバンクーバー大会は、スーパー大回転で金、滑降で銅メダルを獲得。14年ソチ大会でスーパー大回転を連覇し、滑降でも金メダルを獲得した。今大会は両種目での3連覇、連覇がなるか注目される。狩野は競技初日の10日に、まず滑降競技に出場する。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです