メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

トレーナー、栄養士ら40人常駐 冬季初のサポート拠点

施設内のトレーニング機器について説明するトレーニング担当の大石さん=宮武祐希撮影

 【平昌・谷口拓未】日本スポーツ振興センター(JSC)は、平昌冬季パラリンピックに臨む日本選手団のコンディション調整を支援するハイパフォーマンスサポート・センターを当地に設置した。パラリンピックでは16年リオデジャネイロ夏季大会以来2度目で、冬季大会では初めて。

 JSCの所管する国立スポーツ科学センター(JISS)を含むハイパフォーマンスセンター(東京都北区)の機能を貸し切りの現地の宿に移したもので、五輪…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  3. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  4. 地震 大阪府北部で震度6弱
  5. 大阪震度6弱 「有馬-高槻断層帯」近くで発生 気象庁

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]