メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラ

カーリング女子韓国 「眼鏡先輩」が点火

聖火台に聖火をともす最終ランナー=平昌五輪スタジアムで2018年3月9日午後9時50分、宮武祐希撮影

 第12回冬季パラリンピック平昌大会は9日夜、韓国北東部の平昌五輪スタジアムで開会式が行われた。聖火リレーのフィナーレを飾ったのは、平昌五輪のカーリング女子韓国代表として銀メダルを獲得し、「眼鏡先輩」の愛称で親しまれた金ウンジョンと、車いすカーリングのソ・スンソクの2人。聖火台の前に登場すると会場か…

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文251文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです