メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

アイスホッケー用そり 町工場とコラボ、軽量化

スレッジの開発に携わった田辺専務(左)ら=三条市提供

 【平昌・長田舞子】平昌パラリンピックに2大会ぶりに出場を果たしたパラアイスホッケーで、選手が乗る「スレッジ」と呼ばれる専用のそりに日本の町工場の技術が生かされている。海外製のスレッジにはアルミニウムが使用されているが、今回はより軽いマグネシウムを使うことで軽量化に成功。中北浩仁監督は「とても感謝しているし、大変有効なコラボだった」と実感する。

 開発に携わったのは新潟県三条市の「田辺プレス」など3社。同市は金属加工を中心とした国内トップクラス…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文753文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです