メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

筋ジスの姉に勇気を アイスホッケー石井「プレーで伝える」

練習に臨むパラアイスホッケーの石井英明=江陵ホッケーセンターで2018年3月4日、宮武祐希撮影

 【平昌・谷口拓未】平昌冬季パラリンピックに出場しているパラアイスホッケー日本代表のDF石井英明(40)=千代田都税事務所=には、全身の筋力が低下する難病「筋ジストロフィー」を患う姉がいる。自身やチームが奮闘し、勇気を与えたいと思っている。

 石井は1995年、高校3年の時に悪性腫瘍のため右脚を太ももから切断。趣味としたチェアスキー仲間に誘われて2009年に競技を始め、東京のクラブチームに所属しながら腕を磨いた。

 父照男さん(77)と姉美紀さん(41)との3人暮らし。発声や自立歩行が難しく、横になっている時間の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです