メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

NPAメダルラッシュ 国旗、国歌使えず 嘆きの授与式

 組織的なドーピングで国として参加が認められず、平昌冬季パラリンピックに個人資格の「中立のパラリンピック選手(NPA)」で出場しているロシア勢がメダルラッシュを演じている。12日は距離で金一つを含む計3個のメダルを獲得したが、不正の余波が選手に及んでいる。

 距離女子フリー立位15キロで金、銀メダルを奪ったNPA勢はフィニッシュ後に肩を組んで喜びを分かち合い、優勝したルミャンツェワは「パラリンピックのため…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです