メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

スノーボードクロス銅 成田緑夢 感動、希望 夢へ一歩

銅メダルを獲得し、笑顔を見せる成田緑夢(中央)=旌善アルペンセンターで2018年3月12日、宮武祐希撮影

 【平昌・長田舞子、福島祥】「感動や希望を与えたい」という夢を抱いて出場した平昌冬季パラリンピックで、その一歩を踏み出した。成田緑夢(ぐりむ)(24)=近畿医療専門学校=は、父隆史さん(68)ら家族が見守る中、12日のスノーボードクロスで銅メダルを獲得した。「メダルの色ではない。夢の通過点を見せてくれた」。隆史さんはそう言って、息子の成長に目を細めた。  「人よりも秀でるものを持ってほしい」。隆史さんは成田が物心つく頃から、兄の童夢(どうむ)さん、姉の今井メロさんと一緒にスノーボードに打ち込ませた。夏季には、ボートに引っ張られたボードで水上を滑るウエークボードも取り入れた。

 兵庫県西宮市のウエークボード施設の諏訪邦尚さんは「成田家はお父さんがスポンサーを取ってきて用意した…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文772文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです