メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

意外とキツい、スイープ 平昌五輪で大人気のカーリング、中年記者が体験

小林志穂さん

 自分もやってみたい--。平昌(ピョンチャン)五輪のカーリング中継を見ながら、そんな思いを抱いた人も多いだろう。聞けば、カーリングを体験できる施設には問い合わせが殺到しているらしい。銅メダルを獲得した女子日本代表に胸を熱くした46歳の記者が、体験教室に参加してみた。【小林祥晃】

「できるかも…」は甘かった!

 富士山のふもとにある山中湖(山梨県)の湖畔から車で数分。別荘が並ぶ林の中に、カマボコ形の細長い建物が現れた。本州では数少ない屋内型のカーリング専用施設「カールプレックスフジ」だ。会員に時間制で貸し出したり、富士急の女子カーリングチーム「チーム富士急」が練習場として使ったりしているほか、毎週金、土、日曜に初心者向けの体験教室が開かれている。

 「平昌五輪の最中は、全国から問い合わせの電話が鳴りっぱなしでした」。出迎えてくれた施設運営会社の社…

この記事は有料記事です。

残り2282文字(全文2656文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです