メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

アイスホッケー・福島 不屈61歳、集大成へ 仲間と妻が支え

練習に臨む福島忍=江陵ホッケーセンターで、宮武祐希撮影

 【平昌・福島祥】61歳にして8年ぶり4回目の大舞台に戻ってきた。平昌冬季パラリンピック・パラアイスホッケー代表最年長のGK福島忍=ニック=は今大会全3試合に出場し、ゴールを守り続けている。日本は惜しくも1次リーグで3連敗して準決勝進出を逃したが、14日に始まる5~8位決定予備戦に向けて、福島は「集中して守るだけ。それが自分の役目だ」と語り、力を振り絞る。

 福島は24歳の時、オートバイの事故で脊髄(せきずい)を損傷し、車いすを使うようになった。子どものこ…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1003文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  2. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです