メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

アイスホッケー・福島 不屈61歳、集大成へ 仲間と妻が支え

練習に臨む福島忍=江陵ホッケーセンターで、宮武祐希撮影

 【平昌・福島祥】61歳にして8年ぶり4回目の大舞台に戻ってきた。平昌冬季パラリンピック・パラアイスホッケー代表最年長のGK福島忍=ニック=は今大会全3試合に出場し、ゴールを守り続けている。日本は惜しくも1次リーグで3連敗して準決勝進出を逃したが、14日に始まる5~8位決定予備戦に向けて、福島は「集中して守るだけ。それが自分の役目だ」と語り、力を振り絞る。

 福島は24歳の時、オートバイの事故で脊髄(せきずい)を損傷し、車いすを使うようになった。子どものこ…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1003文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  2. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  3. グルメ 機動戦士ガンダム40周年記念!ガンダムオフィシャルカフェ『GUNDAM Café』が大阪・道頓堀の大地に立つ!(GetNavi web)
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/下 臨時応援団、総勢100人 /茨城
  5. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです