メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

6度目の歓喜、選手と 距離、バイアスロン・荒井秀樹監督(63)

平昌パラリンピック日本代表候補の合宿で選手と滑る荒井監督(左)=北海道札幌市で2017年12月28日、谷口拓未撮影

 【平昌・谷口拓未】平昌冬季パラリンピックに出場しているノルディックスキー距離、バイアスロン日本代表の荒井秀樹監督(63)は、1998年長野パラリンピック日本代表のヘッドコーチを務めて以来、競技の普及と強化に努めてきた。前回ソチ大会まで5大会連続でメダリストを輩出。「選手とともにスキーをやる喜びが原動力」という名指導者だ。

 北海道旭川市出身で子どもの頃から距離に打ち込んだ。東京都江東区の職員を務めつつ、厚生省(現厚生労働…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文696文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです