メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

平昌選手村からの提言 小さな不満、大きな壁

選手村の食堂の段差を越えるパラアイスホッケー日本代表の上原大祐=韓国・平昌で2018年3月8日午後2時40分、谷口拓未撮影

土の駐車場、車椅子汚れる/床はう配線、汁物こぼれる

 平昌冬季パラリンピックの各国選手団が拠点とする選手村はバリアフリーで、日本選手はおおむね好意的な意見を寄せる。その中で課題を指摘する車椅子利用者のパラアイスホッケー日本代表、上原大祐(だいすけ)(36)=NEC=に意見を聞いた記者が「メディアツアー」に参加。2020年東京五輪・パラリンピックでは避けたいバリアーを探った。【平昌・谷口拓未、福島祥】

 上原「駐車場の足元が泥だらけで進みにくい」

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文828文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです