メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

距離 スプリント・クラシカル 新田佳、銀 金まで0.8秒

距離男子スプリント・クラシカル立位の決勝で滑る新田佳浩=アルペンシア・バイアスロンセンターで2018年3月14日、宮武祐希撮影

 (第6日)

 フィニッシュ直後に倒れ込んだ新田佳の目から涙が落ちた。「金じゃないと駄目だ。何で取れなかったんだ」。1・5キロで争うスプリント種目で37歳にして2位となったが、悔しさが先に立った。

 得意の上り坂で差をつけ逃げ切る戦略だった。6人で争う決勝のスタート直後、コース唯一の長い上り坂でトップに立つと集団をリードし続け、最後の直線へ。以前は平地で海外勢に及ばないことが多かったが、素早いピッチで脚を動かし、頭一つ抜け出した。

 しかし、左前腕がなくストックを1本しか持てない弱点が最後に響いた。平地の推進力が高い両手ストックの…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1020文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです