メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

活躍支える技術者集団 13カ国から義肢装具士ら30人

韓国の技術者(左)と一緒に車椅子の修理作業を行う高橋俊潤さん=韓国・平昌で2018年3月7日午前10時15分、福島祥撮影

 【平昌・福島祥】平昌冬季パラリンピックの選手村で、独に本社を置く医療福祉機器メーカー「オットーボック」が選手たちの車椅子や義手、義足などの修理を無料で行っている。1988年のソウル夏季大会以降、すべての大会に義肢装具士らを派遣して30年になる。今大会も世界13カ国から30人のスタッフが集結し、選手の活躍を裏で支える。

 選手村の一角でオットーボックが運営する「修理サービスセンター」。中に入ると、正面奥に大きな作業台を…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文764文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです