メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

「良き友」と再び対戦 スノボ・成田とストロング 「どちらが勝ってもおめでとう」

スノーボード男子クロスの3位決定戦で勝利し、フィニッシュ後にストロング(左)と握手する成田緑夢=旌善アルペンセンターで2018年3月12日、宮武祐希撮影

 平昌パラリンピックのスノーボードバンクドスラロームで16日、日米のライバルが再び顔を合わせる。金メダルの期待がかかる成田緑夢(ぐりむ)(24)=近畿医療専門学校=と、前回大会で金メダルを獲得している義足のスノーボーダー、エバン・ストロング(31)=米国=だ。12日に行われたクロスの3位決定戦では成田が銅メダル、ストロングが転倒して4位。明暗が分かれたが、ストロングはレース後、2015年に生まれた長女を肩車しながら「彼は良い友達。僕は残念ながら、ミスをしてしまった。帰って娘と遊ぼうと思う」と悔しさをにじませながら笑った。

 ハワイ在住のストロングは高い技術と明るい性格が魅力。プロスケートボーダーになるのが夢だったが、17…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文788文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  4. 「まじですか」グリーンランド売却拒まれトランプ氏デンマーク訪問延期

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです