メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

勤務先社長が全面支援 スノーボード・小栗大地(37)

スノーボード男子クロス決勝トーナメント準々決勝で滑る小栗大地(右)=旌善アルペンセンターで2018年3月12日、宮武祐希撮影

 【平昌(ピョンチャン)・福島祥】平昌冬季パラリンピックスノーボード日本代表の小栗大地(37)は、名古屋市の板金会社「三進化学工業」で働きながら競技に取り組む。32歳の時に作業中の事故で右足を失い、約1年半前からパラリンピックを目指して国際大会に出場し始めた。挑戦を後押ししたのは、勤務先の近藤伸泰社長(49)。競技用義足代から遠征費まで全面的にサポートした。

 小栗は今大会、スノーボード2種目にエントリーした。一つ目のスノーボードクロスが行われた12日、旌善…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文902文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  2. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです