メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
パラスポーツからの贈りもの

障害忘れる圧巻プレー=越智貴雄

躍動するオランダ選手。右奥は日本の小栗=写真家・越智貴雄さん撮影

 今大会の開幕前、韓国の記者に、地元でのパラリンピックの盛り上がりについて尋ねた。返ってきた答えは、「多くの人は関心がない。エキサイティングだと思っていないからだ」。一方で、「1988年ソウル・パラリンピックは障害に対する人々の意識が変化する機会になった」という指摘もあった。

 私自身は取材のたびに興奮し、選手のかっこよさを感じている。

 大会第4日、スノーボードクロスでは、会場で何度も歓声が巻き起こった。コブがある急斜面を下りながら大…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文536文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  4. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  5. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです