メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

アルペン あす座位回転 男子、決意の最終戦 荒れた雪面に苦戦、まだメダル1個 海外勢の力脅威

滑降で銀メダルを獲得した森井=宮武祐希撮影

 平昌冬季パラリンピックのアルペンスキーで、女子座位の村岡桃佳(早大)が今大会日本勢初の金メダルを含む計4個のメダルを獲得する一方、男子座位は苦戦している。最後の種目となる17日の回転で、巻き返したい。

 男子は森井大輝(トヨタ自動車)が滑降で銀メダルを獲得したものの、前回ソチ大会の金三つを含むメダル計5個には及ばない。気温が高くなり、日本の使用するチェアスキーが苦手とする荒れた雪面になっていることなどが要因だ。

 一方で海外勢の、転倒を恐れずに果敢に攻められる技術は特筆に値する。荒れた雪面で跳ねながらでもスキー…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文704文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです