メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

ノルディックスキー 男子10キロクラシカル立位 新田佳、金

距離男子10キロクラシカル(立位)でフィニッシュする新田佳浩=アルペンシア・バイアスロンセンターで2018年3月17日、宮武祐希撮影

 【平昌(ピョンチャン)・長田舞子】平昌冬季パラリンピックは第9日の17日、ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で、新田佳浩(37)=日立ソリューションズ=が優勝し、2冠に輝いた2010年バンクーバー大会以来、2大会ぶりの金メダルを獲得した。新田佳は今大会、スプリント・クラシカル銀に続くメダル。今大会の日本勢のメダルは9個(金3、銀3、銅3)になった。

 アルペンスキー男子回転が行われ、座位の鈴木猛史(29)=KYB=は1回目で転倒し、途中棄権した。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文837文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  3. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです