メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
eye

平昌パラリンピック 雪上に興奮と歓声

男子スーパー複合(立位)のスーパー大回転で、バランスを失い転倒するジョンティ・オカラガン(豪)。このあと自力で滑り降りた=旌善アルペンセンターで2018年3月13日、宮武祐希撮影

 パラアスリートたちの熱戦が続く平昌冬季パラリンピック。

 今大会は冬季史上最多の49カ国・地域から約570選手が出場。

 政治問題で揺れる北朝鮮選手にも、地元応援団が温かい声援を送るなど、大会全体を盛り上げようとする熱気が伝わってくる。平昌五輪では寒さが話題となったが、3月中旬を過ぎると、凍っていた川…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです