メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

スノーボード バンクドスラローム 成田、攻めて夢の金 毎回タイム更新、48秒台

スノーボード男子バンクドスラローム(下肢障害)で滑る成田=宮武祐希撮影

 (第8日)

 成田は2本目を滑り終わり、2位に0秒40差をつけた。そして臨んだ3本目。勝負を仕掛けたのは、コース序盤のバンク(傾斜のあるカーブ)だ。直線的なラインで最短距離を滑った。「できる保証はなかった」。それでも他の選手の滑りを参考に「いける可能性が少しでも見えたので挑戦した」。48秒68のタイムは、出場選手の中で唯一49秒を切る異次元の速さだった。

 成田が最後まで攻め続けたのには理由があった。前を滑るクラスの選手のほとんどが3本目で一番速いタイム…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1084文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. あおり運転各地で繰り返した可能性 43歳男を傷害容疑で指名手配

  4. 逆走して急接近 「あおり運転」容疑で会社員逮捕 愛知県警

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです