メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

アイスホッケー 7位決定戦 日本、全敗で終幕

 (第8日)

 はしゃぐスウェーデンを横目に、日本の選手たちは厳しい表情で深々と観客にお辞儀した。平均年齢41・9歳の17人で挑んだパラアイスホッケーの日本は5戦全敗で大会を終えた。47歳の須藤主将は「もっとフレッシュな人間を連れてこないと、世界と戦うのは厳しい」と改めて世代交代の必要性を口にした。

 5試合とも追う展開ばかりだった。この日も開始52秒で失点。第2ピリオド1分すぎに高橋の得点で同点としたが、約3分後に勝…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです