メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

バイアスロン 佐藤、健闘8位

 (第8日)

 2016年リオデジャネイロ夏季大会のパラトライアスロンに続いての出場となった佐藤は、男子15キロ立位で自身最高の8位と健闘した。修正力を発揮して射撃の命中率を85%にまとめたが「メダルを目指していた」と顔をしかめた。

 5発の射撃を4度行い1発外すごとに自身のタイムに1分が加算されるため、ノーミスで走力を補おうとしたが、1度目の射撃で2発外した。だが冷静さを失わず狙いを修正し、その後は計15発中14発を当てた。悔やんだのはレース前の照準調整。風に合わせて右寄りにしたが読み切れていなかっ…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです