メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

スノーボード 輝く緑夢に感涙 支援の会社社長、がん克服の長男と重ね

金メダルが決まり、笑顔を見せる成田=旌善アルペンセンターで2018年3月16日、宮武祐希撮影

 【平昌・長田舞子】スノーボードのバンクドスラロームで、金メダルを獲得した成田緑夢(24)=近畿医療専門学校=に小児がんを克服した長男の姿を重ね、手を差し伸べた人がいる。携帯電話関連品会社「サンクレスト」(東大阪市)の植田実社長(64)。成田にスポンサー先を紹介し、パラリンピック出場の後押しをした。「子どもたちのヒーローが誕生してほしい」という植田社長の願いを、成田が実現させた。

 2人が出会ったのは2016年10月。植田社長が若者の金銭的支援を目的に、13年から毎年開催している…

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1259文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. 「ナガシマスパーランド」ジャンボ海水プールに4万5000人 三重・桑名

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. ORICON NEWS 『サザエさん』マスオ役41年・増岡弘が卒業で感謝と惜しむ声続々「増岡マスオロスだ…」

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです