メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

閉会式 日本健闘、メダル10個 聖火、次は東京

閉会式を終え笑顔を見せる(前列左から)狩野亮、大日方邦子団長、森井大輝、新田のんのら日本選手団=平昌五輪スタジアムで2018年3月18日午後9時35分、宮武祐希撮影

 【平昌(ピョンチャン)・谷口拓未】平昌パラリンピックは最終日の18日、平昌五輪スタジアムで閉会式が開かれ、10日間の全日程を終了した。38選手が参加した日本選手団は前回ソチ大会を超える10個のメダル(金3、銀4、銅3)を獲得し、目標の7個以上を達成した。

 同日に行われたアルペンスキー女子回転座位では、村岡桃佳(21)=早大=が銀メダル。村岡は出場した全5種目でメダル(金1、銀2、銅2)を…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです