メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

日本、若い力が躍動 目標超える2桁メダル 世代交代や強化態勢、課題も

参加国の国旗で彩られた閉会式会場=平昌五輪スタジアムで2018年3月18日午後、宮武祐希撮影

 (最終日)

 平昌冬季パラリンピック最終日の18日、アルペンスキーは2回の合計タイムで争う女子回転が行われ、座位の村岡桃佳(早大)が2位となり、全5種目でメダルを獲得した。冬季大会では日本勢の1大会単独最多となる5個目のメダル。今大会で日本勢は合計10個のメダル(金3、銀4、銅3)を獲得。海外開催の大会で最多の11個を記録した2010年バンクーバー大会以来となる2桁に乗せた。

 村岡は1回目で1秒86差の2位につけた。2回目はコース途中で転倒したが、滑りきった。立位の本堂杏実…

この記事は有料記事です。

残り1465文字(全文1704文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ
  3. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  4. 「戦国テンプレート」発売 武将の家紋、手軽に コクヨ滋賀
  5. 大麻所持容疑 「様子おかしい」と学校が通報 中学生逮捕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです