メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平昌パラリンピック2018

2紙記者が見たパラリンピック

 平昌冬季パラリンピックは18日、全日程を終えて閉幕した。アジアでの冬季大会は1998年長野大会以来、20年ぶりの開催。日本は海外開催の大会では2010年バンクーバー大会に次ぐ10個のメダルを獲得し、地元韓国も冬季大会で初めて金メダルに輝き、存在感を示した。平昌大会の成果や、20年東京夏季大会の課題などについて、五輪・パラリンピック報道で協力関係にある毎日新聞社と韓国の朝鮮日報社の記者が、それぞれの視点から記事をまとめた。

この記事は有料記事です。

残り1658文字(全文1871文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです