メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

スノーボード男子ハーフパイプ・平野選手、銀の笑顔 口コミで200人歓声 県庁訪問 /新潟

平野選手(手前)を一目見ようと、県庁に多くの人が詰めかけた=新潟市中央区新光町4の新潟県庁で

 先月開催された平昌五輪のスノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢選手(19)=木下グループ=が20日、県庁を表敬訪問し、米山隆一知事に結果を報告した。平野選手は口コミで県庁前に集まった約200人に、手を振ったり銀メダルを見せたりして笑顔で応えた。

 米山知事は「活躍を見て、多くの県民が勇気をもらった。これからもがんばってほしい」と激励した。平野選手は「無事にけがなく…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. ミシェル・オバマの生き方に共感広がる 回顧録「マイ・ストーリー」が全世界で1000万部突破

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです