メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

「五輪を語ろう」 ボランティア、倫理的か 巨大ビジネスの下で=アラウンド・ザ・リングス編集長 エド・フーラ

 <AROUND THE RINGS>

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、東京都と大会組織委員会は今夏、11万人と想定されるボランティア募集を開始する。彼らは笑顔で特別のユニホームをまとい、観客の道案内、選手らに対する言語サポート、ドーピング検査の補助など大会の舞台裏を支える。加えて、収支という面でも大きな貢献をしている。

 五輪におけるボランティアの概念は1948年ロンドン五輪から始まった。第二次世界大戦後、初開催となる…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1069文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです