メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

「五輪を語ろう」 ボランティア、倫理的か 巨大ビジネスの下で=アラウンド・ザ・リングス編集長 エド・フーラ

 <AROUND THE RINGS>

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、東京都と大会組織委員会は今夏、11万人と想定されるボランティア募集を開始する。彼らは笑顔で特別のユニホームをまとい、観客の道案内、選手らに対する言語サポート、ドーピング検査の補助など大会の舞台裏を支える。加えて、収支という面でも大きな貢献をしている。

 五輪におけるボランティアの概念は1948年ロンドン五輪から始まった。第二次世界大戦後、初開催となる…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1069文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです