メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

「五輪を語ろう」 ボランティア、倫理的か 巨大ビジネスの下で=アラウンド・ザ・リングス編集長 エド・フーラ

 <AROUND THE RINGS>

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、東京都と大会組織委員会は今夏、11万人と想定されるボランティア募集を開始する。彼らは笑顔で特別のユニホームをまとい、観客の道案内、選手らに対する言語サポート、ドーピング検査の補助など大会の舞台裏を支える。加えて、収支という面でも大きな貢献をしている。

 五輪におけるボランティアの概念は1948年ロンドン五輪から始まった。第二次世界大戦後、初開催となる…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1069文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 乾、香川、柴崎らが先発 本田は外れる
  3. 地震 大阪・震度6弱 行ってきます直後 塀倒れ女児巻き添え
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. 加計学園 会見に愛媛知事「もっと早くできなかったのか」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]