メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

長官と語る・2020への決意 スポーツ庁・鈴木大地 リオ五輪セーリング女子470級5位・吉田愛、吉岡美帆

セーリングで使う用具を身につけるスポーツ庁の鈴木大地長官(左)と、競技中のフォームを伝える吉岡美帆(中央)と吉田愛

再始動、メダルへ帆走 吉田愛(37)、吉岡美帆(27)

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートと語り合う「長官と語る 2020への決意」の5回目は、2016年リオデジャネイロ五輪セーリング女子470級5位入賞の吉田愛(37)、吉岡美帆(27)=いずれもベネッセ=を迎えた。リオ五輪後、吉田が1年間の産休から復帰して昨秋から再始動したペアが東京五輪への思いやセーリングの魅力について、長官と語り合った。【構成・小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り2532文字(全文2748文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです