メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

長官と語る・2020への決意 スポーツ庁・鈴木大地 リオ五輪セーリング女子470級5位・吉田愛、吉岡美帆

セーリングで使う用具を身につけるスポーツ庁の鈴木大地長官(左)と、競技中のフォームを伝える吉岡美帆(中央)と吉田愛

再始動、メダルへ帆走 吉田愛(37)、吉岡美帆(27)

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートと語り合う「長官と語る 2020への決意」の5回目は、2016年リオデジャネイロ五輪セーリング女子470級5位入賞の吉田愛(37)、吉岡美帆(27)=いずれもベネッセ=を迎えた。リオ五輪後、吉田が1年間の産休から復帰して昨秋から再始動したペアが東京五輪への思いやセーリングの魅力について、長官と語り合った。【構成・小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り2532文字(全文2748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです