メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

長官と語る・2020への決意 スポーツ庁・鈴木大地 リオ五輪セーリング女子470級5位・吉田愛、吉岡美帆

セーリングで使う用具を身につけるスポーツ庁の鈴木大地長官(左)と、競技中のフォームを伝える吉岡美帆(中央)と吉田愛

再始動、メダルへ帆走 吉田愛(37)、吉岡美帆(27)

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートと語り合う「長官と語る 2020への決意」の5回目は、2016年リオデジャネイロ五輪セーリング女子470級5位入賞の吉田愛(37)、吉岡美帆(27)=いずれもベネッセ=を迎えた。リオ五輪後、吉田が1年間の産休から復帰して昨秋から再始動したペアが東京五輪への思いやセーリングの魅力について、長官と語り合った。【構成・小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り2532文字(全文2748文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 乾、香川、柴崎らが先発 本田は外れる
  3. 地震 大阪・震度6弱 行ってきます直後 塀倒れ女児巻き添え
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. 加計学園 会見に愛媛知事「もっと早くできなかったのか」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]