メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
五輪壮行会

「便乗商法対策は組織委」JOC会長が見解

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪の出場選手の壮行会の公開などを制約した日本オリンピック委員会(JOC)は22日の理事会で、竹田恒和会長が2020年東京五輪・パラリンピックに向け「アンブッシュマーケティング(便乗商法)対策はすべて大会組織委員会がやっていく」との見解を明らかにした。

 JOCは平昌五輪での壮行会などの公開制約は便乗商法対策として主導してきた。また、閉幕直前に各学校については報告会の公開を認めた際…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです