メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

選手優先の大会運営を=鈴木大地

 2020年東京五輪・パラリンピックの直前大会となる平昌冬季大会を視察、激励してきた。五輪では現地に到着早々、フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)の連覇に立ち会うことができた。卓越した競技力はもちろんだが、世界中に彼のファンが広がっていることに驚いた。五輪・パラリンピックはとかく国・地域別のメダル獲得競争になりがちだが、スポーツが持つ力は国境を超えることに改めて気付かされた。

 スピードスケート女子500メートルで念願の五輪金メダルを射止めた小平奈緒(相沢病院)は、レース後の…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文932文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです